沿革

当会創設者 村尾市松翁の略歴

明治31年 1月
10日出生
大正 7年 1月
上組合資会社入社
昭和17年 6月
上組合資会社副頭取就任
20年 7月
上組合資会社代表社員頭取就任
29年 5月
兵庫県港湾協会会長就任
34年 8月
水難救済事業功労者として紺綬褒章受章
36年 7月
海事功労者として運輸大臣表彰
36年11月
神戸商工会議所副会頭就任
37年12月
港湾事業功労者として日本港湾協会表彰
40年 1月
株式会社上組代表取締役会長就任
42年 5月
港湾事業功労者として神戸市長表彰
43年 4月
港湾事業功労者として勲四等瑞宝章受章
45年12月
株式会社上組相談役就任
47年 1月
財団法人村尾育英会設立のため、自己所有株の寄附意図を公表
47年 3月
6日逝去・従五位に追叙
47年 8月
(財団法人 村尾育英会設立)

村尾育英会のあゆみ

昭和47年 1月 9日
村尾市松翁公益法人の設立、財産寄付の所信表明
昭和47年 3月 6日
村尾市松翁逝去
昭和47年 8月10日
兵庫県教育委員会より設立認可
昭和47年 8月14日
理事長に村尾一夫が就任
昭和47年 9月29日
事務所を神戸市灘区摩耶埠頭1番地におく
昭和47年11月29日
奨学事業スタート(奨学生32名)
昭和47年12月 1日
青少年活動助成事業スタート(団体2件)
昭和48年 9月 3日
「奨学生夏の集い」スタート(参集者43名)
昭和49年 3月 9日
「卒業生激励の集い」スタート(参集者47名)
昭和49年 5月15日
研究助成事業に学術研究助成が加わる(件数5件)
昭和50年 2月10日
事務所を神戸市生田区中山手通3丁目63−1に移転
(行政区画変更により、中央区中山手通3丁目4番7号となる)
昭和50年10月30日
奨学事業に対して、大阪大学総長より感謝状を受ける
昭和50年12月 1日
村尾育英会たより3周年記念特集号発行
昭和51年 1月24日
親睦会通信第1号発行
昭和52年 1月22日
理事会に事業委員会を設置
昭和52年 7月25日
「委員・役員夏の集い」スタート
昭和53年 2月10日
高校推薦による奨学生採用スタート(奨学生10名)
入学資金立替制度設定
昭和54年 2月21日
本会のシンボルマークと会旗を制定
昭和55年10月 3日
学術研究助成事業に対して、関西外国語大学擬声研究会より感謝状を受ける
昭和56年 1月21日
青少年活動助成事業に対して、兵庫県知事より「くすのき賞」を受ける
昭和57年 4月11日
ユースホステル運動推進の功績により、兵庫県ユースホステル協会会長・兵庫県知事より感謝状を受ける
昭和57年10月 3日
村尾育英会たより10周年特集号発行
昭和58年 7月23日
村尾育英会学術賞、村尾育英会賞を制定
昭和59年 3月 3日
第1回村尾育英会学術賞ならびに村尾育英会賞贈呈式を卒業生激励の集いに併せて実施
昭和61年 3月 8日
親睦会通信のタイトルを「緑風」と改めた
昭和61年11月11日
地域社会づくりに貢献した功績により、兵庫県知事より「兵庫県社会賞」を受ける
昭和62年 6月 1日
村尾育英会たより15周年特集号発行
昭和63年 4月 1日
奨学生採用者500人を超す
平成 3年10月 1日
村尾親睦会OB会会長に志方敬育氏(49年卒)が就任
平成 4年 3月 1日
20周年記念誌「村尾育英会の20年」を発刊
平成 4年 3月20日
「設立20周年記念の集い」を開催
平成 5年 5月21日
副理事長に村尾憲一郎理事が就任
平成 8年 9月13日
名誉顧問村尾すゑ逝去
平成15年 3月 8日
創立30周年記念村尾育英会賞贈呈式・卒業生激励の集い開催
平成20年 3月 8日
創立35周年記念村尾育英会賞贈呈式・卒業生激励の集い開催
平成21年 3月 1日
奨学生採用者1000人を超す
平成21年11月30日
青少年の健全育成への顕著な業績に対して、内閣府特命担当大臣より「青少年健全育成功労者表彰」を受ける
平成23年 5月 2日
奨学事業に対して、大阪大学総長より感謝状を受ける
平成24年 3月10日
創立40周年記念村尾育英会賞贈呈式・卒業生激励の集い開催
村尾育英会学術賞・学術奨励賞授賞実績59件
青少年の健全育成を続けている団体に対する村尾育英会賞授賞実績317団体
平成24年 3月19日
兵庫県知事より移行認可
平成24年 4月 1日
一般財団法人に移行登記
代表理事に村尾憲一郎が就任
平成24年 8月 2日
「緑風デジタルブック」刊行スタート
平成24年11月10日
「関東OB・現役交流会」スタート(参集者22名)
平成24年11月17日
「関西OB・現役交流会」スタート(参集者84名)
平成25年11月25日
初代理事長村尾一夫逝去

創設者 村尾市松翁

初代理事長 村尾一夫

昭和56年1月21日
青少年活動助成事業に対し、兵庫県知事より「くすのき賞」を受賞しました。

昭和61年11月11日
地域社会づくりに貢献した功績により、「兵庫県社会賞」を受賞しました。

平成21年11月30日
設立当初から村尾育英会賞を制定し、地道なボランティア活動を通じて青少年の健全育成を続けている317団体を、顕彰・助成してきました。(平成24年までの実績)これらの顕著な業績に対し、内閣府特命担当大臣より「青少年健全育成功労者表彰」を受賞しました。